「豚まんじゅう」のブーブーブログ!

暇な主婦のゴロゴロした日常を綴るブー!

ダイエットってホントつらい!デブと痩せってどっちが得する?

 

夜、眠気覚ましのアイスが止められない豚まんです。(冒頭からタイトル詐欺)

 

夏ですね。

夏本番ですね。

暑いですよ。

 

毎年夏になると若かりし頃、必死になってダイエットした思い出がよみがえります。

思い出というと、今はダイエットが必要ではないみたい印象を与えますがとんでもない。

人生に於いて一番ダイエットが必要な時が今なんだけど(本当にシャレにならん)いかんせん、気力が湧かなくてほとほと困ってる。

まあ、体型人生なかば諦めてるんですけどね、ワハハハハ。⇐

それにしても若かりし頃の根性はすごかった。

まずは食事制限から始めた。

朝は野菜ジュース、昼は普通食、夜はサラダのみと頑張った。

そして食事制限で一番辛かったのがジュース。

ワタシはジュースが大好きで特に炭酸飲料が大好きだ。

特に夏の暑い時に飲む炭酸は格別でジュースは飲まない人でも夏に飲む風呂上がりのビールの味を知ってる人はワタシの気持ちを推して知るべし。

そんな訳で炭酸ジュースを我慢したら体重もみるみる減ったからいかにジュースが太る素か痛感したけど今は何を気にする訳でもなくドリンクバーのように飲んでます。(要改善)

ちなみによくネットにある『コーラ1缶にどれだけ砂糖が入っているか』っていうのを改めて調べてみたんですけど

 

500mlのコーラにはスティックシュガー13本分!!

 

の砂糖が入っているそうな。

 

仮にコーヒーや紅茶を500ml飲んだとしても砂糖どのくらい入れるだろうか。

ワタシの場合コーヒーはブラック派、紅茶も無糖派なのでいまいちイメージが出来ないけど、せいぜい3、4本じゃなかろうか。

そう考えるとコーラには約3、4倍の砂糖が!!

コーラに限らずファンタ(ワタシはオレンジ派)やジンジャーエール、ポカリスエットその他の甘いジュースには同じような量の砂糖が入ってるという事か。

恐ろしい。

今でこそ無糖の炭酸水がいろんなフレーバーで出てるし重宝してるけど昔は炭酸水を飲むっていう意識はなかったしチューハイやカクテルで割る物でしかなかったから、当時あればジュース抜きダイエットも少しは楽だったかもしれない。

 

あと続けたのは朝起きてすぐ布団の上でやる

 

【骨盤体操】

 

当時けっこう流行った俳優の

 

川津祐介さんの骨盤体操

 

で1分以内で出来る気楽さで毎朝やってましたねー。

なんとなく効いてた気がします。

そして夏の炎天下の中、黒い長袖シャツを着て30分以上かけてウォーキングしながらバイト先まで通っていたのも良いダイエット結果になりました。

今思うとよく熱中症にならなかったなーとか思うけど。

 

 

・食事制限

・骨盤体操 

・ウォーキング

 

 

で、結局1、2ヶ月で身長160Cm

 

63kgから50kgの減量に成功

 

13kgですね。

今思うほんとよく頑張った。

自分で自分を褒めてあげたい。

 

ここでひとつ声を大にして言いたい事が。

 

痩せてる人にとって50kgなんて当たり前か、まだまだ太いとか言われるかもだけどデブからしてみたら当時

 

『ブティックで服を体型を気にせず試着出来る』

 

事は物凄い憧れだったのだ。(DCブランド全盛期の時代)

 

なんにせよワタシにとっては50kgがベスト体重だったようでこの時は人生で一度はあるらしいと言われる

 

【モテ期】

 

も体験しました。

そんなこんなで色々と青春を謳歌し、痩せてから人生怖いものなしでしたがひとつ誤算が。

それは

 

【痩せると金がかかる】

 

という誤算が。

 

痩せるとモテる⇒デートやその他諸々のお誘いが増える⇒それなりにオシャレしなければいけない⇒オシャレや美容代に金が掛かる(DCブランド全盛期の時代2)

 

とい現象が起こるのだ。

 

ここで人によっては上手いことやってミツグ君やアッシー君、メッシー君を量産したり本当の意味でのバブルを謳歌するんだろうけどワタシの場合はバブル後期の上、デブから成り上がったにわかモテ期だった為バブル特需は味わえなかった。

 

まあなんだかんだ言って楽しかったから良いんだけどいつも貧乏だった。

 

デブの時はあまりお金を使わなかったし(強いて言えば食費)それなりに平和だったから今思うとデブでも悪くなかったなーと思ったり思わなかったり。

 

今は立派なリバウンド女王になってデブと痩せの両方を体験してるけどやっぱり思うのは

 

【デブは百害あって一利なし】

 

ということだ。

 

今は痩せてまた人生を謳歌したい!とかそういう願望ではなく

 

【救急車で運ばれた時に体の重さ故に無駄に人員を割く事態にはなりたくない】

 

とか、

 

【パートの面接に行く時に制服のサイズを気にしたくない】

 

 

とか、生きていく上でフツーよりはみ出していく人生はこの年になるとちょっと辛いからという意味でやはりデブは色々とマイナス面が多いのは否定できない。

 

あと娘が大きくなったら言われるだろーなー、お母さんマジ痩せて!って。

そろそろ若い頃のような無茶なダイエットは出来ないけどマイペースで出来るダイエットをしようかな、と思うちょっと切ない今日でした。