「豚まんじゅう」のブーブーブログ!

暇な主婦のゴロゴロした日常を綴るブー!

吾輩は豚まんである。名前はまだ変えてない。そしてキラキラネームについて。

 

という訳で前回の初投稿で旦那サマに命名されたハンドルネームを散々愚痴ってたんですが、まだコレだ!というハンドルネームが脳内降臨してきません。

いやちゃんと考えてないっちゃないんですけど(ないんかい)自分の中で『めんどくさがりや』という生来の性格がここにきて如実に現れてきて、なんかもーいっかなー豚まんでもー(鼻ホジ)みたいな。

いやでも名前って大事ですよね。

それが例え仮想世界の中の仮の名前だとしても。

 

現実の一個人の名前となるとそれはもう真剣に考えなければならない大変な事です。

 

何かって言うと、先日YouTubeを観てたらオススメ動画に何故か『今時のキラキラネーム!』とかいう投稿(動画名はテキトー)がありましてですね。

 

キラキラネームは以前から何かの折に触れて何度となく見聞きしてたので今更感があったんですけど、でもまあなんとなく観てたんですよ、そしたら見進めていくうちに草が生えるどころか段々驚きから悲愴感まで感じてしまって

『これってネタじゃないの?絶対ネタでしょ、ありえなさすぎる』

とか思ってしまうくらいドン引きする名前がつらつらと…。

 

ここでそのキラキラネームを出すのはやはり心情的に躊躇われるので興味のある方は各々調べてみて下さいとだけ言いたいのですが(秘技YouTube丸投げ)

なんというか他人事ながら本当にキラキラネームを付けられた子の将来が心配になるくらいの名前がありすぎてシャレにならん。

 

ぶっちゃけ『うんこ』とか付けてもおかしくないくらいのカオス過ぎるキラキラ軍団なのだ。

 

でもここで忘れちゃいけないのが、キラキラネームを付けた大多数の親も

『愛する我が子の為の幸せを真剣に考えて名付けた』

って紛れもない事実なんだよなーって事を考えると名付けに対するベクトルのズレ加減がすんごい切ないんですわ…。

でもコレ思ったんだけど、名前を決めた時に身内も止められないなら出生届を受理する役所もなんか最後の砦になるように条例みたいなの出して防ぐ手立てはないものか。

役所の人も(は?すいません読めませんけど?本気でこの名前にすんの?やめたげて)とかすんごい内心葛藤とか逡巡とか色々と渦巻いてんだろうな…。

ひと昔前にあった『悪○』くんの事例みたいにせめてよっぽど読めない当て字は禁止とか、もう少し規制があっても良いのでは。

 

キラキラネームから改名は出来るみたいなんですよね。(改名方法についてはGoogle検索)←秘技Google丸投げ

 

しかし改名までしたいと本人に思わせるまでになるにはよっぽどの辛酸を舐めてきてる訳ですよ…現にお受験や就職など人生の重要な場面でキラキラネームが弊害になってる話もよく聞きますし、そうなる前にやっぱり第三者による介入はあっても良いのではないかと個人的には思うわけなんですが難しいでしょうね…。

 

余談ではありますが我が家の2児の子供達の名付けは画数にこだわりましたが多分一般的に読めると思うしキラキラネームではないと思う。多分。

 

いずれにせよ、所謂キラキラネームという名前を背負ってしまった子供達に幸多からん事を切に願う今日この頃です。