「豚まんじゅう」のブーブーブログ!

暇な主婦のゴロゴロした日常を綴るブー!

見た目のグロさを乗り越えた後の爽快感!耳掃除動画はスルメ動画!

 

豚まんならぬ肉まんが食べられる気候になってきましたね、豚まんです。

 

 

最近YouTubeでたまにとある動画を見漁ってます。

何かというと、

 

『耳掃除動画』

 

がたまに無性に観たくなります。

 

耳掃除動画というとサムネイル画面だけでもなんだか気持ち悪い絵面で、うええ、とか敬遠しがちですけどこれがなかなかクセになる。

 

洋モノ(海外)の動画と和モノ(日本)の動画では耳垢掃除の質が全然違って洋モノは言うなれば

 

 

力技

 

 

で前処理もなく(多分)日本でいうところの耳かき棒のような器具とピンセットを使い容赦なくぐりぐりと耳垢を取っていき、最後に消毒液(赤チン的なもの)を塗るモノ。

 

それと対照的に和モノはどこまでいっても

 

繊細

 

でまずオイルで内耳を潤して内耳の毛をカットする処理をしてから、またまたオイルを染み込ませた綿棒で耳垢をふやかし、それから取っていく。

あくまでも優しく取っていくものが多くて、内耳に傷がつくからでしょうか、ピンセットを使うのは最終手段的なものがあります。

 

 

まあ、和モノの動画のほとんどは耳掃除サロンであるのでこの差は致し方ないとしても(日本でも耳鼻科で耳掃除を頼むと容赦なくピンセットでヒョイヒョイと取っていくだけですもんね)観ている側としては

 

耳垢掃除の大胆さも繊細さも画面いっぱいに広がる耳垢がぽろりと取れた時の爽快感

 

は何とも言えない快感でものすっごくスッキリするものがあります。

 

 

「あっ、もうちょい、もうちょいで取れる、取れそう」

 

という息詰まる緊張感と

 

「も~少しなんだけどな〜もうピンセットでガッと取ればいいのに〜」

 

という何とも言えない焦れったさの後で来る

 

「は〜取れた〜」

 

というほっとするような気持ちよさ。

 

最初のサムネイルの気持ち悪さの壁を乗り越えた後の爽快感、未体験のみなさま、是非一度ご覧になってみてください。

 

クセになりますよ!

 

 

それにしても耳掃除って気持ちいいし、大きい耳垢が取れた時って訳もなく興奮しますよね、ワタシも一度耳掃除サロンに行ってみたい!